令和4年度世羅高東京校友会総会・懇親会報告

 世羅高東京校友会総会・懇親会は、去る令和4年11月20日(日)正午から、上野恩賜公園内にあり不忍池一帯が見渡せる上野精養軒の「梅の間」において開催されました。当日は、ご多忙な中にも拘わらず各方面から5名のご来賓をはじめとする30名の皆様にご参加いただいて和やかな裡に総会・懇親会を催すことが出来ました。関係の皆様のご協力に心から感謝申し上げます。

令和4年度東京校友会総会 続きを読む

世羅高東京校友会行事のご案内 (参加者募集)

世羅高東京校友会の新年行事である七福神めぐりについて、令和5年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため2年中止が続いている「港七福神」を巡ります。
新型コロナウイルス感染症は、未だ終息するに至っておりませんが、飲食店営業や各種イベントなどの規制が緩和され、マスクの屋外着用も原則不要となるなど日常生活が徐々に戻りつつある感があります。
「七福神詣で」は、屋外での行事が中心であり、7つの社寺を巡って1年の開運招福を祈願する縁起の良い行事でありますので、明るく1年を始めるためにもなお感染防止策の徹底を図りながら開催したいと思います。
新型コロナの新しい展開や荒天等で、中止せざるを得なくなることもご理解いただきますようお願いいたします。
その際は、参加をお申し込みの方には電話などで連絡すると共に校友会のホームページでもご案内いたします。
続きを読む

令和4年度(第44回)世羅高等学校 東京校友会総会・懇親会のご案内 (大島校長先生の講演あり)

深秋の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素より、東京校友会の活動にご理解とご協力を賜わり、厚く御礼申し上げます。
さて、東京校友会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、諸活動を自粛して参りました。
そのため、総会・懇親会も過去2年間は書面総会の形で行わざるを得ませんでした。
しかし、今日、未だにコロナの終息が見えない状況ではありますが、徐々に規制が緩和され、ウイズコロナの新しい生活が始まりつつありますので、本年は下記のとおり、眼下に不忍池一帯が見渡せる眺望抜群の上野精養軒において総会・懇親会を開催することと致しました。
多くの皆様のご出席をお待ち申し上げております。
続きを読む

親睦会(港七福神めぐり)の中止について

令和4年1月6日

会員各位

世羅高東京校友会

親睦会(港七福神めぐり)の中止について

皆様には穏やかな良い新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
さて、1月9日に予定の「港七福神めぐり」について、皆様と楽しく開催できるものと期待しておりましたところ、今年に入って新型コロナウイルスの新規感染者が徐々に増え始め、東京都では1月3日に100人を越え同4日には151人になり、同5日には390人と大幅に増加しました。更にコロナの変異株であるオミクロン株の感染者も既に市中感染が広がっているとのことであります。
医療の専門家によりますとこの増加傾向は、今後下がる可能性が見当たらないとのことで、小池都知事も強い危機感を表明されております。
このような状況の中、参加いただいた皆様の安全と健康を最優先に考えて、東京校友会の親睦行事として心配を抱えながら無理して行うことは控え、来年晴れ晴れとした気持ちの中で仕切り直すこととし、本年の港七福神めぐりは中止することに決定致しました。
七福神めぐりを楽しみにお待ちいただいている会員の皆様には、事情をご賢察のうえ、ご理解を賜わりますようお願い申し上げます。
どうぞ今後とも東京校友会の活動に変わらぬご支援、ご協力を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

世羅高東京校友会行事のご案内 (参加者募集)

世羅高東京校友会の新年恒例の行事である七福神めぐりについて、令和4年は、新型コロナウイルス感染症のため昨年中止になりました「港七福神」を改めて巡ることといたしました。
新型コロナウイルス感染症は、未だ終息するに至っておりませんが、緊急事態宣言などが全面解除され、飲食店営業やイベント開催制限なども緩和されて参りました。
「七福神詣で」は、屋外での行事が中心であり、7つの社寺を巡って1年の開運招福を祈願する縁起の良い行事でありますので、この厳しい時にこそ明るく1年を始めるためにも感染防止策の徹底を図りながら開催したいと思います。
ただし、新型コロナの新しい展開や荒天等で、中止せざるを得なくなることもご理解いただきますようお願いいたします。その際は、校友会のホームページなどでご案内いたします。
続きを読む

令和3年度(第43回)東京校友会総会の書面形式による開催と、会報「とうきょう世羅」第53号の発行について

立冬の候 皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、今日、新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、新規感染者数が減少して社会経済活動の再開に向けた動きが進みつつありますが、11月21日に上野公園内の会場において開催を予定しておりました令和3年度(第43回)東京校友会総会につきましては、皆様のご健康を第一に考えて、集合での開催は本年も中止し、会報第53号の紙面において書面形式での総会とすることといたしました。
総会に付する議案の詳細につきましては、会報「とうきょう世羅」第53号をご高覧いただきご確認をお願いいたします。また、会報に同封の返信用はがきに議案に対する賛否等所要事項をご記入のうえ投函願います(切手不要)。お手数をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
また本年10月に発行を予定していました会報「とうきょう世羅」第53号は、前号同様役員会が開催できないため、メールでの編集、校正、各役員メンバーの自宅での梱包、発送となり遅延しておりましたが、11月8日に発送することができました。会報をお待ちいただいていた会員各位には、発送が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
何卒事情ご賢察の上ご理解いただきますようお願いいたします。

令和3年11月15日
世羅高校東京校友会

親睦会(観桜会)の開催中止について

令和3年3月8日

会員各位

世羅高東京校友会

親睦会(観桜会)の開催中止について

新型コロナ感染症の第三波が二か月たっても収まらない中、会員の皆様におかれましては、自粛生活をしながら大変なストレスを抱えた生活と拝察申し上げます。

さて、報道等でもご案内の通り新型コロナ感染症対策のため、政府より一都三県の緊急事態宣言の再延長が発表されるなど、3月に入っても厳しい状況が続いております。このようなことから春に例年行ってきた観桜会の行事を、未だ開催日時のご案内もしていないところでございますが、中止せざるを得ない状況であると判断いたしました。

観桜会を楽しみにしてお待ちいただいていた会員の皆様には、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今後とも世羅高東京校友会の活動に変わらぬご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

以上

親睦会(港七福神めぐり)の中止について

令和2年12月23日

会員各位

世羅高東京校友会

親睦会(港七福神めぐり)の中止について

新型コロナウイルス感染症がここの所一層猛威を振るって参り、会員の皆様におかれましては、この冬を如何に乗り切るか大変ご心配な毎日を過ごされていることと拝察申し上げます。

さて、標記に関し、新型コロナが終息することは難しくとも沈静化に向かうことを願って、新年の祝賀親睦行事として企画したところでありますが、皆様報道等でご案内のとおり、政府は12月14日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、「GO TO トラベル」事業について、来年1月11日まで全国一斉に停止することを決定しました。

更に加えて、東京都では、連日の新規感染者が600人を超え、800人にも及ぶようになり、全国的にも驚異的な拡大の傾向が続いております。
このような状況を受けて小池都知事は、12月14日に臨時記者会見で「人出が増える年末年始の期間に徹底的な対策が必要」と強調し、来年1月11日までの時短要請と年末年始期間に不要不急の外出を控える事や帰省時期の変更を検討するよう呼び掛けるとともに、12月17日には都内の医療提供体制の警戒レベルが最高段階になり、「年末年始コロナ特別警報」が発出される事態になりました。

このようなことから、1月10日に催す予定の「港七福神めぐり」について、一年の福運を祈るめでたい行事でありましても、万万が一の事がありましては取り返しがつかない事態になることを憂慮して、誠に残念ながら中止を決定せざるを得ない状況であると判断するに至りました。

七福神めぐりを楽しみにお待ちいただいている会員の皆様には、どうぞ事情をご賢察のうえ、ご理解を賜わりますようお願い申し上げます。

どうぞ今後とも校友会の活動に変わらぬご支援、ご協力を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

以上

世羅高東京校友会行事のご案内 (参加者募集)

(10月12日 役員会確認)

世羅高東京校友会の新年恒例の行事である七福神めぐりについて、令和3年は、「港七福神」を巡ることといたしました。
新型コロナウイルス感染症は、未だに多くの感染者が発生している状況ではありますが、飲食店営業やイベント開催制限などが緩和され、GO TOキャンペーンなども実施されて、「新しい生活様式」に基づく感染防止策を徹底することにより、社会経済活動との両立が図られております。
「七福神詣で」は、基より7つの社寺を巡って1年の開運招福を祈願する縁起の良い行事でありますので、この厳しい時に明るく1年を始めるためにもできるだけ3密を避けながら開催したいと思います。
ただし、新型コロナの拡大状況次第で、中止せざるを得なくなることもご理解いただきますようお願いいたします。
続きを読む