親睦会(観桜会)の開催中止について

令和3年3月8日

会員各位

世羅高東京校友会

親睦会(観桜会)の開催中止について

新型コロナ感染症の第三波が二か月たっても収まらない中、会員の皆様におかれましては、自粛生活をしながら大変なストレスを抱えた生活と拝察申し上げます。

さて、報道等でもご案内の通り新型コロナ感染症対策のため、政府より一都三県の緊急事態宣言の再延長が発表されるなど、3月に入っても厳しい状況が続いております。このようなことから春に例年行ってきた観桜会の行事を、未だ開催日時のご案内もしていないところでございますが、中止せざるを得ない状況であると判断いたしました。

観桜会を楽しみにしてお待ちいただいていた会員の皆様には、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今後とも世羅高東京校友会の活動に変わらぬご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

以上

親睦会(港七福神めぐり)の中止について

令和2年12月23日

会員各位

世羅高東京校友会

親睦会(港七福神めぐり)の中止について

新型コロナウイルス感染症がここの所一層猛威を振るって参り、会員の皆様におかれましては、この冬を如何に乗り切るか大変ご心配な毎日を過ごされていることと拝察申し上げます。

さて、標記に関し、新型コロナが終息することは難しくとも沈静化に向かうことを願って、新年の祝賀親睦行事として企画したところでありますが、皆様報道等でご案内のとおり、政府は12月14日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、「GO TO トラベル」事業について、来年1月11日まで全国一斉に停止することを決定しました。

更に加えて、東京都では、連日の新規感染者が600人を超え、800人にも及ぶようになり、全国的にも驚異的な拡大の傾向が続いております。
このような状況を受けて小池都知事は、12月14日に臨時記者会見で「人出が増える年末年始の期間に徹底的な対策が必要」と強調し、来年1月11日までの時短要請と年末年始期間に不要不急の外出を控える事や帰省時期の変更を検討するよう呼び掛けるとともに、12月17日には都内の医療提供体制の警戒レベルが最高段階になり、「年末年始コロナ特別警報」が発出される事態になりました。

このようなことから、1月10日に催す予定の「港七福神めぐり」について、一年の福運を祈るめでたい行事でありましても、万万が一の事がありましては取り返しがつかない事態になることを憂慮して、誠に残念ながら中止を決定せざるを得ない状況であると判断するに至りました。

七福神めぐりを楽しみにお待ちいただいている会員の皆様には、どうぞ事情をご賢察のうえ、ご理解を賜わりますようお願い申し上げます。

どうぞ今後とも校友会の活動に変わらぬご支援、ご協力を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

以上

世羅高東京校友会行事のご案内 (参加者募集)

(10月12日 役員会確認)

世羅高東京校友会の新年恒例の行事である七福神めぐりについて、令和3年は、「港七福神」を巡ることといたしました。
新型コロナウイルス感染症は、未だに多くの感染者が発生している状況ではありますが、飲食店営業やイベント開催制限などが緩和され、GO TOキャンペーンなども実施されて、「新しい生活様式」に基づく感染防止策を徹底することにより、社会経済活動との両立が図られております。
「七福神詣で」は、基より7つの社寺を巡って1年の開運招福を祈願する縁起の良い行事でありますので、この厳しい時に明るく1年を始めるためにもできるだけ3密を避けながら開催したいと思います。
ただし、新型コロナの拡大状況次第で、中止せざるを得なくなることもご理解いただきますようお願いいたします。 続きを読む

親睦会(散策会)中止のお知らせ

令和2年9月1日

会員各位

世羅高東京校友会

親睦会(散策会)中止のお知らせ

来る9月27日(日)に親睦会として御茶ノ水から上野までの散策会を企画しておりました。
世羅高東京校友会の親睦会としてのこの行事は、春の観桜会に引き続き、新型コロナウイルスの感染が特に関東を中心に広がっている現状を踏まえ、参加者の健康と安全を考慮し、中止することといたしました。
親睦会としての散策会を楽しみにしていただいている皆様には、大変申し訳ありませのが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

厳しい残暑が続いていますので熱中症予防、また新型コロナウイルスの感染防止に十分配慮され、皆様がご健康で過ごされることを願っております。

以上

観桜会中止のお知らせ

来る3月29日(日)に六義園(文京区)において開催する予定にしておりました、東京校友会恒例の観桜会は、新型コロナウイルスの感染が広がっている現状を踏まえ、参加者の皆様の健康と安全を考慮して、中止することにいたしました。
観桜会を楽しみにしていただいている皆様には、大変申し訳ありませんが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

観桜会のご案内(参加者募集)

※3月3日追記
本年の観桜会は中止となりました。
詳しくはこちらをご覧下さい。


世羅高東京校友会恒例の観桜会、本年は文京区にある「六義園(りくぎえん)」において行うことになりました。
六義園は川越藩主柳沢吉保が1702年に築園した和歌の趣味を基調とした大名庭園で、池をめぐる園路を歩きながら移り変わる景色を楽しめる庭園です。
続きを読む

新宿山ノ手七福神めぐり

新春恒例の七福神めぐりは、令和2年1月5日(日)に新宿から神楽坂の間に祀られている「新宿山ノ手七福神」に参拝してきました。
ここの七福神は、2社5寺の7つの社寺に安置されており、約5Kmという比較的長い距離を3時間程度かけてゆっくり巡ることができるコースとなっています。

新宿山ノ手七福神めぐり 太宋寺 布袋尊

太宋寺(布袋尊)にて

続きを読む

令和元年度東京校友会総会・懇親会報告

東京校友会総会・懇親会は、去る11月17日(日)正午から、霞が関ビル35階の東海大学校友会館の「三保の間」及び「霞の間」において開催されました。当日は、ご多忙な中にも拘わらず各方面から7名のご来賓の方々にご臨席を賜わり、29名の会員の皆様にご参加いただいて旧交を温め、和やかな裡に総会・懇親会を催すことが出来ました。関係の皆様のご協力に心から感謝申し上げます。

令和元年東京校友会総会

令和元年東京校友会総会


続きを読む

世羅高東京校友会行事のご案内 (参加者募集)

世羅高東京校友会の新年恒例の行事である七福神めぐりについて、令和2年は、「新宿山ノ手七福神」を巡ることといたしました。
新宿山ノ手七福神は、新宿から神楽坂に至る社寺に安置されており、少し長めの約6キロ強という道程ではありますが、令和の新春の息吹を感じながら3時間程度かけてゆっくり巡り、福運を祈りたいと思います。
なお、詳細は下記のとおりですが、当日は、現地集合となります。ご不明な点は、担当者までお問い合わせ下さい。
続きを読む

千住歴史散策会のご報告

素戔雄神社にて

素戔雄神社にて

世羅高東京校友会の新しい親睦企画として、歩きながら千住の歴史を感じる「千住歴史散策会」を7月6日開催しました。
関東は既に梅雨に入っており、また、3日~4日には九州、四国にかけ線状降水帯の発生でびっくりするような雨が降り続いていました。当日、散策会を開催するかどうか非常に迷いましたが、前日、昼の天気予報では「曇り時々雨、雨の確率20%」と報道しており、開催することを決定いたしました。
続きを読む