個人情報保護に関する世羅高等学校東京校友会の基本方針

 

 

【個人情報の取り扱いについて】

世羅高等学校東京校友会(以下「校友会」という。)では、これまでも会員の個人情報につきましては慎重に扱ってまいりましたが、2003年5月30日に交付され、2005年4月より施行(2017年5月30日改正法施行)された個人情報保護法に伴い、個人情報は、「個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものである(法第3条)」ことを認識し、更に一層適正な取り扱いを図りたいと存じます。 校友会は、この法律を遵守し、今後次のような基本方針に従って個人情報を取り扱います。

【校友会における個人情報の定義】

個人情報とは、世羅高校(旧世羅中、旧甲山高女を含む)の卒業生並びに教職員及び生徒等として在籍されたことがある者で関東近辺に居住されている者等の情報とし、 その内容は、氏名、旧姓、性別、卆年、学科、郵便番号、住所、電話、Eメールアドレス、勤務先情報などです。

【個人情報の取得】

個人情報の取得にあたっては、校友会会則で定められた目的の達成に必要な範囲内で、学校、同窓会及び会員等から収集します。   「本会は、会員相互の親睦を図り、母校との連絡を保ち、その発展に寄与することを目的とする。(東京校友会会則第4条)」

【個人情報の利用目的】

校友会では、保有する会員の個人情報は、校友会会則に則った目的の範囲内において、次の業務を遂行するために利用し、その目的以外の用途には利用いたしません。  ・ 会報の送付  ・ 高校・同窓会・校友会からの各種文書の送付、募金依頼など  ・ 同期会・クラス会・各種親睦会(同窓会または校友会が事前に承認したもの)の    開催通知など同窓会活動支援  ・ 会員名簿の作成及び会員名簿の配付  ・ 校友会会費、賛助金等の収受等管理  ・ その他、校友会の運営に関する業務

【個人情報の安全管理措置】

校友会は、名簿管理担当者を任命し、個人情報が常に正確かつ最新のものとなるよう務めるとともに、その盗難、漏洩、紛失、改ざん等を防止するため、名簿の取り扱いについては役員会の決定事項として安全管理いたします。 会員の皆様も、名簿の取り扱いについては、くれぐれもご注意をお願いします。

【自己情報の開示・追加・変更・訂正・削除等】

会員が自己情報を開示及び追加・変更・訂正等または校友会からの会報等の送付拒否及び自己情報の公開拒否・削除等を希望される場合は、事務局までお知らせください。適切な期間内に対応させていただきます。

【第三者への開示・提供の制限】

校友会では、「個人情報の利用目的」に基づく外部への委託または法令の規定による 場合を除き、会員の承諾なく個人情報を第三者へ開示・提供いたしません。

【業務の委託】

個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、あらかじめ秘密保持契約等を締結して、目的外の個人情報の使用を禁止し、秘密保持及び使用後の破棄を義務付けます。

【ホームページ等における公開】

本基本方針は、校友会ホームページ及び会報等において公表します。前項利用目的を変更した場合なども同様とします。

【改善措置】

本会は、個人情報の保護を適切に実施・維持するため、必要に応じて本方針及び内規等の内容を適宜見直し、その改善に努めます。

【お問い合わせ先】

世羅高東京校友会事務局

〒 116‐0002  東京都荒川区荒川6‐14‐6 新田特殊印刷株式会社内                電話 03 – 3892 – 5664  FAX 03 – 3809 – 2681

2018年11月18日    広島県立世羅高等学校東京校友会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>