親睦会(港七福神めぐり)の中止について

令和4年1月6日

会員各位

世羅高東京校友会

親睦会(港七福神めぐり)の中止について

皆様には穏やかな良い新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
さて、1月9日に予定の「港七福神めぐり」について、皆様と楽しく開催できるものと期待しておりましたところ、今年に入って新型コロナウイルスの新規感染者が徐々に増え始め、東京都では1月3日に100人を越え同4日には151人になり、同5日には390人と大幅に増加しました。更にコロナの変異株であるオミクロン株の感染者も既に市中感染が広がっているとのことであります。
医療の専門家によりますとこの増加傾向は、今後下がる可能性が見当たらないとのことで、小池都知事も強い危機感を表明されております。
このような状況の中、参加いただいた皆様の安全と健康を最優先に考えて、東京校友会の親睦行事として心配を抱えながら無理して行うことは控え、来年晴れ晴れとした気持ちの中で仕切り直すこととし、本年の港七福神めぐりは中止することに決定致しました。
七福神めぐりを楽しみにお待ちいただいている会員の皆様には、事情をご賢察のうえ、ご理解を賜わりますようお願い申し上げます。
どうぞ今後とも東京校友会の活動に変わらぬご支援、ご協力を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です